ARCHI-CLE

RX BIKE / 倉林貴彦+藤井亮介 RX BIKE / Takahiko Kurabayashi(Kurabayashi Architects) + Ryosuke Fujii(fujiilab.)

主に競技用のロードバイクを取り扱い、販売だけでなくトレーニング用のフィットネススタジオも兼ね備えたスポーツバイクのショップ。

スポーツバイクショップ特有の、フレーム、ホイール、コンポーネントからスモールパーツなど、大きさから形まで様々なアイテムが、壁や天井一面に所狭しと陳列された風景を目にすると心躍らずにはいられない。

こうした風景=陳列を極めてシンプル且つフレキシブルに実現するシステムを考案した。直径5mmの穴が25mmグリッドで開いているカラーMDF有孔ボード。そして、コンクリート打設時の補強等に用いられる直径4mm、100mmグリッドのワイヤーメッシュ。普段、建築の現場では出合うことのない、この2つの建材を倹飩(ケンドン)式で嵌め込むだけ、というシンプルなディテールによって組み合わせる。両者共に穴やワイヤーなどに対して、どこにでもアタッチメントやS字フックなどを取付け可能であり、この2つの建材のみで空間を構成することであらゆる場所が陳列可能となる。

シンプル且つ高い自由度を持つ陳列システムで最適化されたこの空間は、無駄をそぎ落とし研ぎ澄まされたパーツを組み合わせて自身の身体に最適なかたちにカスタマイズしていくロードバイクの精神と共通している。

竣工日 / 2020年4月
延床面積 / 95.63m2

 

This bike shop which mainly carries competitive road bikes is equipped with a fitness studio along with sales.

One cannot help but feel excited when faced with a scenery unique to a sports bike shop where walls and ceilings are covered with various items of sizes and shapes including frames, wheels, small components and parts.

We designed an extremely simple and flexible system to realize this integrated display and scenery: colored MDF boards with 5mm diameter perforations in 25 mm grid and a 4mm wire mesh in 100mm grid spacing which is usually used for reinforced concrete. These two materials combined in such simple detail is not typically found at construction sites. This combination of materials allows for easy attachment of hooks and other systems to hang anywhere, making it possible to display the products all around the space.

The space which is optimised with simple yet flexible system is parallel to the spirit of road bikes where one customises a bike to the best fit for the user’s body by combining parts as minimal and effective as possible.

Year / Apr 2020
Total floor area / 95.63m2

 

PAGE TOP